一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

全自動トイレの故障

我が家ではこのところ相次ぐ家電の故障に悩まされています。

先日は買って5年目の液晶テレビの画面に妙な縞が3本入るようになりました。
うっすらなので気にしなければ我慢できる範囲なのですが、念のためメーカーに来てもらいました。
なんと基盤に問題があり、交換すると4万5千円だそうです。
考えてしまい、しばらくこのまま我慢しようといういうのが結論です。

もう一つは全自動洗濯機の操作基盤が故障して交換したばかりです。

と、そこにダブルショックで今度は全自動トイレから水漏れが始まりました。
このトイレは9年ほど前にリホームしたときに設置しました。

便器の前に立つとふたが開き便座から立ち上がると自動的に流れるというあれです。

このトイレはコンピューター制御なので故障してしまうとまったくお手上げです。

これまでに便座が上がらなくなってしまったり水漏れがあったりして結構メンテナンスの人のお世話になっています。

今回はシャワー部分の部品の故障だそうで、部品交換になり、この暑いのに3時間も奮闘してなんとかなおりました。
メーカーはこの部分の部品交換には無料で対処するということになっているそうで、工事費無料でした。
あまりにも気の毒でメンテナンスに来た人には少しだけお礼をしましたが、いまどき来ただけで5000円が相場の時代に、なんともご奇特な話です。

やっぱり、トイレなんてあんまり電子化されない方が故障しなくていいようです。
ちなみに20年前につけたもう一台のシャワートイレはタンクの中の重りの部分を一回交換したきりで、まじめに働いてくれています。

さて次は何が故障するんでしょうか? 人間? それが一番の問題です。

Comment

10年1昔といいますが・・・・ 

電化製品の寿命は10年といわれてますが、
まだそんなに経っていないのですものね。
うちでも10年選手は次々と悲鳴をあげてリタイアしています。
メンテナンスに電話をすると、「長年のご愛顧ありがとうございます、
もう部品がなくて新しいものにする時期かと・・・」と言われてしまいます。
レンジを取り替えて、オートで安全になった分、料理には不便になりました。
9年前からもう、トイレの完全オートがあったのですね~
ピメントさんのお宅は、最先端のものがたくさんありますね。
我が家のアナログテレビはまだまだ元気です。
これは、故障なしだけど、そろそろ重い腰をあげて買い替えなくてはね。
お互い、故障は電化製品だけにしたいものですね~
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2010.06/29 09:16分 
  • [Edit]

機械の命は短くて… 

割と機械物にはついていると思っていたのですが、やはり寿命というものがあるらしく、次々おしゃかになっていきます。
ボーナスのない身にはつらいですね。

せめて人間はなんとか頑張って長持ちさせたいもです。

最新の機器 

メーカーの営業から一言。
ここのところ家電も住宅設備機器も高機能合戦になっていましたが日本が高齢化社会であることにやっとメーカーたちが気付いたのか最近ではややこしい機能をはずして安全性などに重点を置いたユニバーサルデザインの商品が徐々にですが出てきています。
完全に壊れてからだと使えない不便さや早く決めなければならない面倒臭さで「もうこれでいいや」と半ば投げやりに決めてしまいがちになるので故障する前にじっくり吟味して壊れる前に買換え他方が結果的には得だと思います。
ちなみに高機能のものは便利だけど弊害もあると思います。わが家のトイレも自動で便座は上がらないけど自動で水は流れます・・・が子供が外で用を足したあと後始末を忘れるような習慣がつかないよう家ではあえて「自動便器洗浄」は「OFF」にしています。車のオートスライドドアもあえてディーラーの兄ちゃんに頼んで片側はオートじゃなくしてもらったし・・・。便利不便の前に単にアナログ人間なだけなのかなぁ?
  • posted by たこぴー 
  • URL 
  • 2010.07/03 22:16分 
  • [Edit]

たこぴーさん、ご意見ありがとう。 

メーカーサイドに立つ人の貴重なるご意見ありがとうございます。

まったく多機能になって便利になった分、故障すると実に面倒で、この先が思いやられます。
ユニバーサルデザインなるものがもっとどんどん開発されて、いとこ取りの機械が出てくることを期待しています。

自動洗浄装置をオフにしておくというのはいいことだと思います。
確かに、子どもはよそで忘れて、それを指摘されるのは自尊心を傷つけるでしょうから、いいアイデアだと思います。

変な話だけど、たまに大のほうが流れていなくて(多分重すぎるんだろうと思うけど)、後から入ったつれあいに「流れてないぞ!」と怒られることがあります。自分で流せばありえないことです。
十分に確認作業をする必要感じています。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード