一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

旧友と春浅い支笏湖へ

先に花の話を書いてしまいましたが、遅まきながら学生時代からずっと親交の続いている友人たちが計画してくれていた支笏湖の旅を報告します。

支笏湖は札幌から最も近いリゾート地として早くから開けたところです。
火山の噴火の後にできたカルデラ湖で、周りを風不死岳、恵庭岳、樽前山(写真は雪をかぶった樽前山です)など、ユニークな形の山々が囲む静かな場所です。
湖は田沢湖に次いで日本で2位という深さと透明度20メートルとという清澄さを誇っています。

鮭が上がる川として有名な千歳川はこの支笏湖から発しています。

今回はこの湖畔に建つ「しこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌」という宿に泊まりました。
ここはかつて「支笏湖観光ホテル」だったところ閉鎖し、 鶴雅リゾートという会社が昨年の5月にオープンしたばかりの新しいホテルです。

今までにないホスピタリティーを前面に打ち出したホテルなので、「え?ここが北海道の温泉地?」という意外性にびっくりさせられます。

メインのロビーには中央に暖炉がおかれ、薪の香ばしい煙が心地よく迎えてくれます。

リンクしてみて頂けるとお分かりと思いますが、部屋のデザイン、レストランの雰囲気、そして色々と用意されたスパリゾートしての設備などいままで経験したことのないことばかりで、なかなかスリリングでした。

サービスの中でも最も気に入ったのは「ピローギャラリー」という自分の好みの枕が選べるコーナーでした。
今はやりの低反発素材から、ビーズ、羽根、そばがらなどたくさんの枕がおかれ、実際に横になって寝てみて、アドバイザーが適切なものを選んでくれます。

おかげで、その晩はぐっすりと熟睡できました。

たくさんの宿泊施設がありますが、こういうスタイルに移行しているのが今の観光地の状況かもしれません。

Comment

新しい風! 

ピメントさん
支笏湖にも新しい風が吹いているのですね~
私の知っている支笏湖は、もう今は昔のことかもしれませんね。
「ピローギャラリー」は嬉しいサービスですね。
何やら美人3人、学生時代のお友達ということは同年齢?
皆さん、若々しく、「~ちゃん」と昔の名前で呼び合っているのでしょうね。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2010.05/23 22:33分 
  • [Edit]

そうなんですよ、クリスさん。 

なんとなくぼかしていますが、3人とも藤女子の時代の同級生です。
3人で毎年出かけるということをもう10年続けています。

会えば、あっという間にタイムスリップして、すぐに昔の感覚を取り戻します。
私以外は北海道に在住なので、毎年北海道に行けてありがたいです。

支笏湖は洞爺湖に比べるとあまり観光地化されていなくて、静かでとても気に入っています。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード