一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

うらく会2月&美術鑑賞

 2月のうらく会は都合の悪い方が2人出て、4人で遊びました。


床の間の花は裏庭に咲いていた紅万作と紅侘助です。
この紅万作は植えてから20年くらいたつのですが、ほとんど花をつけずに今まで来ました。諦めていたら、今年はどういうわけか咲いていました。

今月は当番の方が鶴屋吉信のお菓子を買ってきてくださったので豪華です。
右上から時計回りに「早蕨」、「菜の花餅」「ひなの袖」「桃李」でいずれも春をあらわした華やかなお菓子です。

うらく会2月

お点前は「茶通箱つき花月」「筒茶碗を使った無言投げ込み花月」などをしましたが、写真は撮り忘れました。


うらく会の翌日は友人に誘われての美術館&椿山荘ランチです。

文京区関口にある講談社野間記念館で〔色紙「十二か月図」の美世界〕展という近代の日本画家、河合玉堂、上村松園、堂本印象、福田平八郎といった人たちの描いた色紙の展覧会でした。

小品ながら、それぞれ有名な画家たちの割と力が抜けた作品ばかりで、気楽に見ることができました。

野間記念館


そして、野間記念館の並びにあるホテル「椿山荘」の「ザ・ビストロ」で軽いフレンチのランチを食べて、広い庭園の中を抜けて神田川の遊歩道に出てしばらく川べりを散歩して久しぶりに都電にも乗りました。

春一番の吹く暖かな一日で、庭園には河津桜が今を盛りと咲いていました。


ランチ

Comment

美味しそう~ 

春の色合いが、とてもキレイで華やぎますね。
見るからに美味しそうで、ゴクンと唾を飲みこみました。
紅万作は20年ぶりに花を咲かせたのですか?

待たせたからには、これからは毎年楽しませてくれることでしょうね。(キョウハク!)

講談社の前を通りかかったことがありますが、素敵な建物でした。
野間記念館も近くにあるのですか?
お菓子とランチ、美味しさ×2ですね。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2017.02/23 22:16分 
  • [Edit]

クリスさん、コメントありがとうございました。 

日本の和菓子は季節に合わせて繊細に作ってあって、もうアートともいえるほどですね。

ただ、味が昔とは微妙に変わっているのは作り手が交代したのかなと思います。
自分の舌が後退しているのかもしれません。

椿山荘のランチはまずまずでした。
そのうちにご一緒できるといいですね。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2017.02/24 22:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

紅万作が20年ぶりに咲いたのですか。
植物の生命力というか、不思議、計り知れないものですね。

もうすぐ3月、暦は春ですね。
お茶のお席も春仕様ということになるのでしょうか。

色紙の展覧会、一流画家の色紙とは、面白い企画ですね。
色紙1枚でも画家ともなれば素晴らしいものなのでしょうね。
気楽に鑑賞なさって、美味しいランチに河津桜も・・・・
寛いだひとときだったことでしょう。
  • posted by すいれん 
  • URL 
  • 2017.02/25 10:23分 
  • [Edit]

すいれんさん、ありがとうございます 

長年、床の間に飾るために庭木や花を植えているのですが、いずれも家主と一緒に年をとり、
少しずつ老木に変化しています。それでも人間よりは長生きをするんでしょうね。

西側の日のあまりささないところに植えっぱなしの木が幾本かありますが、
季節が来るとちゃんと役目を果たしてくれるのはありがたいことです。

これからの季節はキブシやトサミズキなどが花をつけます。

9月と2月にお礼肥えをほどこしてやるのですが、今年は危うく忘れそうになるところでした。
これから肥料を買いに行ってきます。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2017.02/25 10:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード