一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

雪の日のお茶遊び

お茶遊び
この日は思いがけず東京に11月としては54年ぶりの初雪の予報。外れることを祈っていたのですが、なんとまあ朝からチラチラし始め、昼頃にはまるで桜の花が散るように大きな雪が降ってきました。

遠くから見える方は交通機関の混乱を避けてお休みの連絡が入りましたが、それでも3人の方が見えて、私もいれて4人で雪見をしながらのお茶遊びです。

床の間の軸も「日々是好日」。こんな日に集まれるなんてうれしい限りです。

11月は「茶人の正月」と言われています。
昔の茶人は、5月に刈り取ったお茶の葉を加工して茶壺につめてこの日まで寝かせておきます。
そして、11月、風炉から炉に変わった茶室でたっぷりと火をおこし、釜をかけ(風炉の時より大ぶりなものを)、ここで亭主(主人公)が壺の封を客人の前で切ってみせて、その中のお茶をだして披露した後、懐石(食事)を差し上げ、その食事の間に水屋でゴロゴロと石臼でお茶を引いて抹茶を作ります。
このゴロゴロという音もこの「口切りの茶事」の大事な演出なのです。
こうして、新しいお茶をこれから一年間大事に飲みましょうということから、ここが振り出しになるわけです。

しかし、これは誰でもができる事ではないので、一応そのことをふまえて新たな気持ちでまた一年一緒に楽しみましょうと集まりました。
口切りは炉開きの日でもあるのです。

ちょうど雪が降り、この日は炉の暖かみが身に沁みました。
お菓子はメンバーの方が買ってきてくださった柚子の香りいっぱいの薯蕷まんじゅうをほかほかに蒸して黒い縁高に盛りました。
お昼はお雑煮を作りました。


Comment

 

30年以上前ですが雪の日のお稽古でお休みする方が多い中お稽古に行くと先生が甘酒をご馳走してくださり「こんな日は出掛けて来ればいいことがあるのに」とおっしゃったのを思い出しました。
懐かしいです。
  • posted by いちじく 
  • URL 
  • 2016.11/27 20:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

雪見のお茶遊び、また一段と風流ですね。
「日々是好日」のお軸もしみじみと意味深く思われるような・・・
「11月は茶人の正月」、意味がよくわかりました。
懐石の間に石臼でひいて抹茶を作るのは
いまでも実際に行われているのでしょうか。
お茶のことは何も知らないので、こうしてご説明いただくと
「ほ~」と思いながら改めて奥深いものと感じ入ります。
  • posted by すいれん 
  • URL 
  • 2016.11/28 10:51分 
  • [Edit]

ご無沙汰しました。 

「雪見のお茶あそび」…とても趣がありますね。
お茶がいっそう美味しく感じられるのではありませんか。
積る雪とはならず、すぐに消えてしまいましたが、
一時はかなり大きな雪片が舞ってましたね。
雪にはしゃぐ孫を笑いながら、孫をのせて車をだせるのか?と心配しました。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2016.11/28 23:28分 
  • [Edit]

いちじくさん、ありがとう 

私がそんなことを言って「甘酒」をごちそうしたんですか?
全然記憶にありません。

いちじくさんは人一倍熱心にお稽古をされ、覚えもはやくて優秀な生徒さん
でしたよね。
そう、高校の頃からひときわ目立っていましたっけ。

あの頃は若くてとんがっていました、私。
ちょっと懐かしいです。

今は楽しみだけでお茶をしているので余裕があるかもしれません。

いちじくさんも余裕のお茶を楽しんでください。
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.11/29 21:26分 
  • [Edit]

すいれんさん、読んでくださってありがとうございます 

すいれんさん
「口切りの茶事」は今でも稽古としてすることはありますが、
実際には石臼を持っている人も少なく、またそんな悠長な
ことをしている時間もないので、「そのつもり」が多いです。

しかし、実際にそういうことを楽しむ粋人も居ることはいる
ようです。
私も一度だけ本物の「口切りの茶事」によばれたことがあり
ます。とても優雅な時間だったなと懐かしく思い出しています。
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.11/29 21:33分 
  • [Edit]

クリスさん、お忙しいのにコメントありがとうございます 

お孫さんのお相手でお忙しい毎日をお過ごしですのに
読んでくださってありがとうございます。

雪もあんな風に潔く降って、さっと溶けるのはありがたい
ですね。
いつも雪かきに苦労するので、今回は風情を添えてくれて
ありがとうと言いたいような降り方でした。
翌日には跡形もありませんでしたものね。

常夏の国からいらした小さなお客様は、さぞ喜ばれたことと
思います。思わぬプレゼントでしたね。
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.11/29 21:40分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード