一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

上野の森で紅葉狩り


今年は秋が突然到来した感じで、まだ冬服も出していないうちに急に冷え込んでちょっと慌てました。
しかし、暑いよりは快適。
足の具合も少しずつ回復してきたようなので、足慣らしに今日は上野の森に出かけてみました。

ちょうど国立西洋美術館で開催されている「クラーナッハ展 500年後の誘惑」という展覧会のチケットが手にはいり、久々に上野公園に行きました。
IMG_0386.jpg

ドイツルネッサンスの芸術家 ルカス・クラーナッハは物語のヒロインのユディト、サロメ、ヴィーナスなどを独特の表現で描いたことで今も人々を魅了しているという美術館のパンフレットの通り、これまで見てきた絵画とは少し雰囲気の違う絵で、なかなか見応えのある展覧会でした。

絵も楽しんだけれどそれ以上に上野公園周辺の紅葉がなかなか趣のあるもので、今年はここで紅葉狩り気分を味わいました。

ちょうど芸大前の上島珈琲のテラスから見る公園の紅葉がすてきで、コーヒーを飲みながらしばし楽しみました。
上野の紅葉

ティータイムの後は、前にも乗った事のある「台東区めぐりんバス」の乗って浅草を目指したのですが、途中谷中あたりで降りて歩いてみようかと言うことになり、まずは谷中墓地の「徳川慶喜さんの墓所」に行きました。
ここは谷中墓地でも超有名な場所で、平日にもかかわらず訪れる人が多く、それを待ち構える「説明好きのおじさま」も登場(行くといつもどこからかやってきて聞いてもいないのに…これがたくさんいるらしく、いつも同じ人とは限りません)。

その後はさんざん道に迷いながら「朝倉彫塑館」へ。
ここは彫刻家の朝倉文夫さんが住んでいた住居、アトリエを台東区が管理をしている美術館で、ちょうど娘の朝倉摂さん、響子さんとの暮らしも紹介する展覧会も開かれていました。
以前に来たときよりもきれいになっているなと思ったら、2009年から2013年にかけて修復、耐震工事が施されたそうです。
印象的だったのは家の真ん中にある大きな池と屋上に置かれた朝倉文夫さんの彫刻、そして前には見えなかった東京スカイツリーが間近にあることでした。

朝倉彫塑館

Comment

NoTitle 

東京の紅葉も見ごろになってきているようですね。
もう少し秋晴れの日が続いてくれると良いのですが・・・

お天気さえ良ければ、こうやって好きにぶらぶらと散策するの素敵ですね。
と、言いながら、なかなか一人では出かけられない人です(^_-)-☆
ご近所さんと晴れを狙って、紅葉狩り行きたいと思っているのですが、どうなるかな?です。
  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2016.11/21 18:41分 
  • [Edit]

はっちゃん、ありがとうございます。 

へぼをやらかしまして、「追記の編集」という場所で記事を
書いてしまい、アレレ?ということになってしまいました。
せっかくコメントいただいたのに、自分がそれを見つけられ
ないというお粗末で失礼しました。

紅葉狩り、見事大当たりでご同慶の至りです。
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.11/26 22:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード