一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

健康診断&胃の内視鏡検査

9月は区の健康診断を受ける月。
かかりつけの内科医院に8時半に行きました。
なぜ、こんなに早いかというと胃の内視鏡検査があるからです。(オプションで毎年つけてもらっています)
通常の診察の前に内視鏡検査をしてしまうというわけ。

身長(また5ミリ減ってしまった)、体重(この日までにもう少し下げようと思ったけれど間に合わなかった)、腹囲(すれすれ基準値)、超音波検査、心電図、肺のエックス線撮影とした後事前ののどの麻酔をして検査台に。

ここで静脈から軽い麻酔薬を入れるのだけれど、その前に検査用の血液を採られていざ、胃カメラ挿入。

回を重ねるにつれて、せっかくしてくれる麻酔もあまり効かず、カメラが食道、胃と動いていくのがわかる。
しかし、別に苦しいという感じはなく、途中組織を撮る細いカテーテルを入れるのもわかっているのだけれど、時間的にはすごく短く感じたのは途中の意識が飛んでいたせいで、やっぱり麻酔の効果はあったみたい。
何にもわからずに「はい、終わりましたよ。」というのが理想だけれど、このくらいなら許容範囲だと…。

台を降りてから、麻酔が切れるまでベッドで仮眠させられる。気が付いたら1時間半も熟睡していたらしい。

この医院の医師は内視鏡専門医で国際医療センターにも出向していて、自宅でも胃と腸の内視鏡検査を実施しています。
いつもの場所で気楽に受けられるから、「胃の検査をしましょうね」といわれると素直に従ってみてもらっています。
(大病院は行っただけで緊張して胃がチジミ上りそうです)

何も見つからねばそれでいいけれど、もし見つかっても最近は内視鏡手術がほとんどなので、あまり不安は感じません。

以前、腸のポリープ切除のために国際医療センターに一泊だけして検査をしてもらったことがありますが、その時も主治医がきてカメラを操作してくれました。

便利な時代に生まれてよかったと思います。
私の父(明治の末生まれ)はかなり若い時から胃に不安を持ち、まだ今のような楽な検査ではない時代に、胃カメラをするんだと言っていたのを聴き、よくそんな苦しいものするもんだと思ったものです。
これは職業上のストレスで胃が悪かったようで、その後退職したら何も言わなくなりました。
ヘビースモーカーだったのに肺ガンにもならず、97歳で老衰で亡くなりました。

胃の検査から父のことまで思い出してしまう一日でした。

玄関周りを掃除していたら、放りっぱなしの鉢に、いつの間にか勝手に寄せ植えのようにひなびた花たちが咲いていました。
植物たちの生命力に励まされた思いです。
寄せ植え

Comment

NoTitle 

難なく胃カメラ検査済まされたようで、一安心ですね。
私は、どうもやっぱり~~???で、相変わらず先送りしています。

素敵な自然の寄せ植えが出来ましたね。
なんだか、思わずうれしくなりますね。

まぁ~!それにしても良く降ります!
青空の元、どこか花散歩したいわね~~!
  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2015.09/09 12:18分 
  • [Edit]

はっちゃん、ありがとう! 

水やりの手間は省けるけど、こう降り続くのもね。
野菜の値段が心配になります。

ほんとに早く青空のもと秋の花を見に行きたいものです。

そうそう、もう彼岸花が咲いていましたよ。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2015.09/09 13:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

健康診断お疲れさまです。
私も胃カメラは毎年受けていますが麻酔が合わず点滴をして帰った年がありそれ以来麻酔なしで検査を受けています。
病院によっては寝ている間に終わっているという所もあるそうです。

我が家では苺の定植が始まりました。
雨が続いたのでハウス内が冠水したりいろいろありましたが予定通りに進んでいます。
と言っても農作業は主人とパートさん任せですが。
いちじくの収穫も始まっています。
やはり雨の影響で色づきが悪いですね。
晴天が続くことを願っています。
  • posted by いちじく 
  • URL 
  • 2015.09/15 18:09分 
  • [Edit]

いちじくさん、コメントありがとうございます 

胃の検査は昔に比べて楽になったとはいえ、麻酔なしは結構きついですね。
私も昔はゲエゲエ言いながら受けた記憶もありますが、今は全然苦痛なしに終わっています。

いちじくが店頭に並ぶ季節になり、お忙しくしていらっしゃるのだろうと想像していました。
(あ、催促ではありませんので、お気遣いなくね)

クリスマスに向けて今からイチゴ栽培が始まるんですね。
大雨の被害がお宅にも及んでいたとは。
去年は大風でハウスが飛ばされたとうかがいましたが、農業は自然との折り合いが難しいですね。

お体に気を付けて良い秋をお迎えください。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2015.09/16 23:20分 
  • [Edit]

安心ですね~ 

検査ぎらいで、家族一同から攻められている私です。
ピメントさんは、定期的に検査をうけて自己管理をしっかりなさって尊敬です。

自然の寄せ植え…ひ弱そうな植物の逞しさにびっくりしますね。
見つけた時には、うれしくて笑みがこぼれますね。
高砂ふよう…今咲いているのですよ~
それも植えた鉢ではない、べつの紫陽花の鉢から長く伸びて咲いています。
酔芙蓉と同じく、晩夏のお花でしょうか?
たのしいわ。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2015.09/18 23:32分 
  • [Edit]

クリスさん、お忙しいのにありがとうございます 

検査は主治医が内視鏡医だから受けているだけで、別に好きでしているわけではないんですよ。
慣れてしまうとそう一大事ではない気がして、進められたら拒否しないだけです。

植物の生命力には驚かされますね。
高砂芙蓉はほんとにあちこちから出てきて、本家本元はどこへやら…。道路にまではびこって困っています。

ベツレヘムの星が北海道では、はびこる雑草として目の敵にされているそうで、植物は自分が居心地の良い
ところを探し出して、子孫を増やすことに懸命になるようですね。

我が家では暑くなる前から咲いていて、今はそろそろお疲れ気味のようです。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2015.09/21 23:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード