一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

炉の季節が始まりました

炉をあけるために、いつもよりちよっと頑張ってその準備を前日にしました。

これまで使っていた風炉の中の灰を別の容器にあけて、灰の下に敷いてある敷瓦を外すとその下から火によって少し焦げた和紙が出てきます。
この紙が炭の熱気を吸い取って、風炉の外に熱気が伝わるのを防いでいるわけで、「よくぞ半年間頑張ってくれたね。」と感謝の気持ちがわいてきます。
来年の5月にまた新しい和紙をたたんで敷くことから風炉の季節が始まるわけです。

畳を上げてそこに、炉壇という火を入れるものを据えます。

夏に比べるとこれからは炭の量も増え、釜も大きくなるので、それらをすべて入れ替えます。
柄杓も大きくなるし、香合も練り香を入れるために焼き物に変わります。風炉の季節は白檀などの香木を薄くスライスしたものを使い、香合もほとんど木製のものです。
あとは炭の点前をするための炭斗や羽箒、火箸、炭なども取り替えます。

それらの作業にはほぼ半日を要するので腰を据えて取り掛かる必要があり、怠け者の私には一大事業なのです。

ま、なんとかそれをやり終えお客様を迎えました。
炉点前 
釜から上がる湯気がごちそうという季節になり、炉にたっぷりと炭をついでお点前が始まります。

今日の花は蝋梅の照葉(紅葉したもの)と白侘助、お菓子は菓匠静閑院の「山の彩」です。

Comment

ピメントさんのパワフルさに脱帽 

すごーい! 
私がぼーっと無駄に時間を過ごしている間に、なんと炉をあけてお客様までお迎えされていたとは・・・(^_-)-☆。

風炉の灰の下に、和紙が敷いてあるなんて、初めて知りました。
昔の人の知恵なんですね~。
頑張ってくれた和紙にも感謝する・・・。
こういう気持ちは大切ですね。

お点前をされているお友達の手の美しさに、うっとりしましたよ~(#^.^#)。


  • posted by 矢車草 
  • URL 
  • 2014.11/29 08:00分 
  • [Edit]

矢車草さん、そんなに言われると照れるわ~~! 

こんな裏方の仕事はひそかにやるもので。、あんまり大声いうものではないのですが、ちよっとネタ切れ気味でつい本音を吐いてしまいました。
なんかねぇこの頃は体力が衰えてきて、「いつまでできるかなぁ?」と不安をおぼえつつの作業です。
焼け焦げた和紙に愛おしさを感じることなどなかったことなのに、これも年齢のなせる業かしら?
来年も無事に風炉の季節を向けられるように祈ってくださいね(^_-)-☆
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2014.11/29 21:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。
和紙が使われているとはまったく想像もできないことでした。
耐久性があるというか、すっかり焼け焦げてしまわないで半年間ももつのですね。
目に見えないところにも気配りが行き届いている・・・
改めて奥深いものと感じ入っています。
炉がかわることは知っていましたが、実際には大仕事、
大変な作業なのですね。

昨日はお世話さまでした。
お陰さまで紅葉、黄葉とも楽しめて感謝です。
  • posted by すいれん 
  • URL 
  • 2014.11/29 22:27分 
  • [Edit]

お茶の世界 

お茶は、子供の頃ならったきりなので、すっかり忘れています。
炉も、ちょっとは習ったのですが(-_-;)
お茶の世界、ほんとに奥深いですね。
知らないことだらけです。
  • posted by いちご 
  • URL 
  • 2014.11/30 11:14分 
  • [Edit]

優雅なひととき 

それを準備するのには、いろいろなお手間がかかっているのですね~。
和紙というのは、世界の宝になるほど素晴らしいものだそうで、
お茶の世界でも、大事な働きをしているのに驚きます。

そういえば、「寺家ふるさと村」を散策していた時に、
茶の湯炭 丸善・夢生庵というお店に出会いました。
和カフェ・「喫茶去」という看板がみえて入ろうと思いましたが、
お休みのようで残念でした。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2014.11/30 12:36分 
  • [Edit]

すいれんさん、ありがとうございます 

いやあ、そんなに感心されてしまうと照れそうですが、立派なのは和紙であって、ワシでない?
そうでした。世界文化遺産に和紙が登録されるそうだというタイミングでかいた記事なので皆さんの関心を引いたようです。
これまで、何十年としてきた仕事で、何とも思わずに作業をしていたのですが、今年はふっと焼け焦げに目が釘付けになったというのは面白いですね。
歳月は人を変える…ってことでしようか?
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2014.11/30 22:10分 
  • [Edit]

いちご先生、ようこそ! 

先人の築いた知恵というのは素晴らしいですね。
何気なくしていることが、これまでの経験に基づいた物であるということは茶道の世界でなくとも感じることが多いこの頃ですが、皆さんの共感を得てさらに再認識をしました。
昔なさったお茶のお稽古を懐かしんでいただけましたか?
また、花びら餅でお薄を一服の時間が近づきつつありますね。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2014.11/30 22:21分 
  • [Edit]

クリスさん、丸善の炭使ってます 

クリスさん、丸善がそんなお店をしているというのを初めて知りました。
ずっと丸善から炭を取り寄せてきましたが、最近は使う量が減ったので、茶道具屋で小さな箱に入ったセットものを買うようになりました。

あそこも以前はその近辺で炭を焼いて販売していたようですが、今はもう、そんな環境ではなくなったようですね。今はほとんど中国からの輸入品とか…。
炭の値段もどんどん高騰して、買うたびにあらまあ…です。まさにお金を燃やしている気分です。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2014.11/30 22:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード