一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

6月のお茶の集まり

6月うらく会 
風炉の季節になり、二度目の集まりが昨日我が家で行われました。

もう、花入れも籠の季節になり、折よく咲いた突き抜き忍冬とビヨウ柳、それに矢筈ススキをいけました。。

お菓子は「落とし文」。オトシブミというのは本来虫の名前(ゾウムシ科の虫)ですが、この虫は初夏のころに木の葉を丸めて揺籃を作り、その中に卵を産み付けるそうです。
その形を面白いと感じた人がお菓子に仕立てたようで、この時期になると和菓子屋さんで見かけます。
とても可愛いお菓子です。

着物も皆さん敏感に季節を感じ取ったものお召しになり、目を楽しませてくださいます。
今回は地味な色の紬に白い帯なのですが、その絵が飄々とした河童で「ああ、そろそろ水の季節ね。」と夏の到来を感じさせてくれました。

先週末から急に気温が上昇して、昨日も冷房をかけてのお稽古でした。

今日は東京よりも北海道のほうが気温が高いという珍しい現象で、札幌の友人たちは思いがけない夏の到来にびっくりしていることでしょう。北国の人は暑さに弱いのでうんざりしている顔が思い浮かびます。

Comment

NoTitle 

暑いなかでもこうしてきちんと着物を召して・・・
お写真を拝見しながら気持ちが引き締まるようです。
「落とし文」、面白いですね。
昆虫のちょっとした生態からも和菓子がうまれる・・・
奥深いものを感じます。
  • posted by すいれん 
  • URL 
  • 2014.06/05 11:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

5月の夏日から一変して、梅雨入りになりましたね。

季節を敏感に反映するお茶のお集まり。 
日本人なればこそ、の素晴らしさ! 喜び!ですよね。

お菓子は「落とし文」・・・初めて、拝見しました。
ほんと、可愛らしい! 和菓子屋さん、覗いてみます(^_-)-☆ きっと、しっかりした和菓子屋さんじゃないと置いてないわね?

6月中旬の日光行きがキャンセルになり、3週以後は絵の予定ぐらいです。お声かけたください(^_-)-☆
  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2014.06/06 09:54分 
  • [Edit]

すいれんさん、コメントありがとうございます 

すいれんさん、私など横着が身について久しく着物を着ていませんが、この方は自分で着物を仕立てるプロです。いつもきちんと季節にあった素敵な着物姿を見せて下さいます。頭が下がります。
落とし文を見ると日本人の発想の素晴らしさを感じますね。いつも季節を敏感に感じ取るお茶をしていてよかったと思う瞬間です。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2014.06/07 20:39分 
  • [Edit]

はっちゃん、いつも読んでくださってありがとうございます 

はっちゃん、私が花を育てるのは季節に合ったものを床の間にいけられるようにという思いからなのですが、今はいろいろ咲いてくれてうれしい季節です。
この日もヤマアジサイとかノリウツギなどもありました。
そうですね。「落とし文」というお菓子はデパートに行かないと手に入らないかもしれませんね。
6月は「水無月」という小豆と外郎のこの月限定のお菓子もありますよ。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2014.06/07 20:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード