一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

あれ、もう炉?

お茶 
お茶のことをご存知の方は「え、まだ10月だけど炉のお点前?」と不審に思われたかと思います。

実はメンバーのリクエストで一か月早く炉を開きました。

ようやく涼しくなりこんな風に赤い炭火を見てもそれほど違和感がなくなりました。

お菓子も「深山の錦繍」といういかにも秋の景色を思わせるものです。
このお菓子は「菓匠 清閑院」製で説明書によると「刻み栗とかの子豆を入れてしっとりと蒸し上げた浮島に色鮮やかなしぐれを重ね、上には紅葉と銀杏をかたどった練り切りをそえた創作菓子です。」とあります。
要するに蒸カステラの上に練り切りがのっている・・・ということですね。
しっとりとしていてとても美味しいお菓子でした。

私らしく、まず食べ物の話題から入りましたが、お点前は「廻り炭」という炭点前です。

一度炉の中のおきた炭を巴半田という器に全部上げてから、炉の中をきれいに整えてお客様に改めて炭をついでもらうというものです。
最近は炭を実際に扱うことは少なくなっているので、せめてお点前の中で炭の美しさとか、火がついて炉の中で赤々と熾きていくいく姿を楽しみます。

最近は炭を焼く人が少なくなって、国産のものはほとんどなくなり、中国で生産されているというお茶道具屋さんの話でした。
もはや、こういう物まで中国頼りなのかと複雑な思いです。

Comment

赤い炭火、すてきです(^_-) 

ほんと、赤い炭火をみても、違和感がなくなりました。
秋がいっきに訪れた感じがします。
つい先日まで、家の中では袖なしのワンピースを着ていたのに、
今は、長袖になり、しかも冷え性の私は、厚手のタイツを履いています(エヘン^^)。

赤くなった炭をみることは、もう何十年もない気がします。
我が家の子どもたち等は(今やいいおじさんですが^^)、実際に見たことあるかしら?なんて感じです。
ブログの赤い炭を見ているだけでも、何だか落ち着きますよ~。
せめて、お茶の世界だけでも、ずっと伝えていってほしいです(*^_^*)。

  • posted by 矢車草 
  • URL 
  • 2013.10/20 15:33分 
  • [Edit]

矢車草さん、コメントありがとうございます 

そうでしょうね。
マンション暮らしの多くなったこの頃では自宅で炭をおこすということがなくなり、多分焼き鳥屋さんとか炉端焼きの店で見かけるだけですよね。

炉の季節になると炭の存在感が増します。
注文するたびに値段が上がっているのでびっくりしますが、これも文化の継承のためと思って、できる間は頑張りますね。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2013.10/20 15:58分 
  • [Edit]

まさに錦繍 

色鮮やかな秋景色、崩してしまうのがもったいないような作りこみですね。
空模様がどんよりしていても、このお菓子をいただくと心晴れやかになりそうですね。
先日、昭和記念公園でお茶を一服、お菓子は「里の秋」でした。

炭も今は中国産?さみしいですね~
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2013.10/24 09:56分 
  • [Edit]

クリスさん、ありがとうございます 

お忙しいのにいつも見ていただいてコメントを頂き恐れ入ります。

普段、あまりお菓子には関心のない私ですが、やはり、お茶にはお菓子がつきものなので、ついついお菓子の話題になってしまいます。

秋は新栗がでたり、あんこの素になる豆類も収穫して新物が出回るので和菓子が一層美味しくなりますね。
清閑院の「深山の錦繍」はおすすめのお菓子ですよ。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2013.10/25 11:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード