一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

花をお供え

昨日夕方悲しい知らせが届きました。

もう20数年以上のお付き合いのある大切な友人が白血病に命を奪われ天に旅立ってしまいました。

そもそもは水泳仲間で、一緒に旅をしたり、花を見に行ったり、ちょっとした時間を見つけてはおしゃべりをするという気の置けない身近な人が、ある日「私、白血病になってしまった。余命6ケ月だって宣告を受けたわ」とたんたんと話すのにびっくりしたのですが、その後入退院を繰り返しながら、抗がん剤治療を受け余命宣告の刻限を過ぎても大丈夫だったので安心して、またお見舞いに行こうと簡単に考えていました。

最後に会ったのは6月25日。あの突然の豪雨の日、お見舞いに出かけようとしたところですごい雨にあってしまい、一旦家に戻って着替えをしてまた出直して、病院(東京女子医大)まで行き、血小板の輸血の点滴をしながら談話室まで来てくれた彼女と30分くらいとりとめのない話をし、「これが終わって数値がよくなったらまた抗がん剤の治療が始まるので無菌室に入ると思うから、また連絡するね。」という彼女の言葉に「じゃ、また来るね。」と軽く受けて帰ってきてしまいました。

でも、ガン細胞はとうとう彼女を征服してしまいました。本当に残念です。

夫を思い、それぞれ自立している子どもたちのことを思い、孫を思い、そしてご近所の寂しいご老人のお世話もして見送ったこともあり、私のこともいつも思いやってくれる優しい人でした。

病気を宣告されても、私の見た限りではたんたんと毎日を過ごし、すべてを超越している感じを受け「なんてすごい人だろう!」と思い、自分もこうありたいと見本を示してくれる人でした。

ご主人が認知症になり、少しずつ症状が進んでいること、でもご主人がどうしても家で過ごしたいというので、介護ヘルパーや嫁いでいるお嬢さんが手助けをしながらこれまで乗り切ってこられました。

一番の心残りはご主人のことだったと思います。

私は何もお手伝いができないのが残念です。せめてもの手向けの気持ちで、数年前に一緒に見に行った不忍池の蓮の花の写真を探し出してきました。

蓮の花

Comment

何と言ってよいのか? 

久し振りにお邪魔したのも、虫の知らせでしょうか。悲しい報せに、絶句してしまいました。
気丈な彼女とお喋りして以来。どうしていらっしゃるかと案じ続けておりました。
ゆずりはも、術後10年を前に転移。放射線治療が始まりました。飛んでいきたい気持ちですが、今は、伺う事が出来ません。心からのご冥福を静かに祈っております。

いつのまにか蓮の季節ね~~ 

心のどこかにぽっかり穴が開いたようでしょう。
お友達はたくさんいても、あの人のかわりはいない!
そんな寂しさを感じていらっしゃることと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2013.07/15 09:34分 
  • [Edit]

土曜日は楽しかったけれど・・・ 

そんなことがあったなんて・・・
他人事ではないと思いながら、ピメントさんの心情に思いを馳せました。
助けを必要としている夫を残しての旅立ちは、さぞ無念だったろうと思います。
お友達のご冥福を心よりお祈りいたします。
  • posted by 矢車草 
  • URL 
  • 2013.07/15 12:12分 
  • [Edit]

皆様 ありがとうございます 

今日ご自宅へ最後のお別れに行ってきました。

たくさん集まったお身内に囲まれ、家族のきずなを大事にしていた彼女のお顔はとても安らかでした。

ご霊前に袱紗に載せられた一碗のお薄が供えられていたのが、とても印象的でした。
ご家族にしっかりと彼女の気持ちが伝わっていたのだなと感動しました。

私も形見分けとしてウサギの絵のついた棗と秋に使う細い水指を頂いてあるので、涼しくなったら追悼の一碗を彼女にささげたいと思っています。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2013.07/15 20:48分 
  • [Edit]

こんな時に。 

どうしても、メール届きません。又受け取れません。
彼女に、会いに行かれたのですね。どんなにかお辛かったかと思います。
彼女の為に、今日は静かに過ごしました。あの笑顔忘れられません。一緒にゴルフに興じた日々も忘れられません。
  • posted by ゆずりは 
  • URL 
  • 2013.07/16 17:55分 
  • [Edit]

合掌 

お辛い想いをなさったのですね~
この年になると、見送ることの頻度のほうが多くて・・・

とても親しくなさっていらした、ご友人へのご冥福をお祈りし
ピメントさんのお身体にさわらないことを、あわせまして
お祈りいたします。
  • posted by アメーバ 
  • URL 
  • 2013.07/18 07:57分 
  • [Edit]

ゆずりはさん、アメーバさんありがとうございます 

18日がお葬式でした。

13日に亡くなられ、ずっとお家で家族の方に見守られてすごされたのですが、とうとう本当のお別れの日です。

ごく親しい人たちでひっそりととご家族はご希望だったそうですが、彼女の人柄ゆえにたくさんの会葬の方が見えていました。
読経の間ずっと彼女と過ごした日々を思い返し、「楽しかったね、ありがとう。」と自分なりのお別れをしました。

お姉さんと妹さんが「あなたのことはいつも聞かされてました。よくしてくださってありがとう。」とお礼を言われましたが、本当にお礼を言わなくてならないのは自分だとつくずく思っています。私より年下だったけれど教えられることは実に多い友達でした。これからは天から見守ってほしいです。

  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2013.07/19 21:20分 
  • [Edit]

目に浮かびます 

ご一緒した頃をいろいろ思い出します。
特に、頂いた「しもつかれ」美味しかった~初め不思議な食べ物でしたが、食べると深い味がして・・。
何度か誘われた遠泳、ぜひご一緒に泳ぎたかったです。
遠泳は7月最後の週末で、中国に行く直前だったのでいつも行けなかったのです。
やさしいお顔が思い出されます。
すぐコメントが書けなくて・・遅くなりました。
  • posted by イエローコスモス 
  • URL 
  • 2013.07/22 05:49分 
  • [Edit]

イエローコスモスさん、ありがとうございます 

ブログを見てくださったのですね。ありがとうございます。

たくさんの親切をみんなに施された方でしたね。
彼女に癒された人は多かったと思います。

私も何かにつけて思い出し、胸を熱くしております。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2013.07/22 13:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード