一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

名残の風炉

お茶 
このところ、ブログの更新をさぼっていたため9月の記事のすぐ上にまたもやお茶の記事がきてしまいました。

今月は風炉の最後の月で来月から炉になります。これを「名残の風炉」といい、侘びた感じの道具を使うのがよいとされていますが、稽古道具しか持たない私には無理な話。
まあ、せめて季節感を出すために床の間には「白馬入蘆花」といいう掛け軸をかけました。

白馬も蘆花も白い色、同色で見分けにくい不一不二の意を表した禅語です。

平たく言えば「その時その場の事柄に全身全霊を埋没させて純一無雑になること」という解説がついています。
うーん、いまいちわからん(-_-;)というのがこの軸をかける度に思う私の本心です。
こんな心境になったことが無いからなのでしょう。

ずっと昔、大徳寺の僧侶が行う坐禅に参加したことがありますが、無心になるという事がいかに難しいかがわかりました。
そして、ちょっと体が揺らいで警策で肩をバシッとたたかれました。
その後も時々無心になるという事を試みるのですが雑念に負けるのが常です。

本日は「且座」という点前の中でする炭点前をのせました。

お菓子は菓匠清閑院製の「寒露」とまゆ最中です。
「寒露」 二十四節季の第十七節目、陰暦の秋分の16日後。雁が渡り、菊の花が開き、虫のなく本格的な秋を感じる季節とあります。
さて、お菓子の中身はと言いますと刻んだ栗の入ったこしあんをしぐれ生地(黄身しぐれのようなもの)で包み焼き色をつけて秋の夕暮れの感じを表したものと説明書に書いてありました。凝っていますね。

Comment

良い季節 

秋が日増しに深まっていきますね。
落ち葉掃きは、我家ではまずはハナミズキからですが、
お向かいのサクラの葉もまもなくいっせいに散るのでしょう。
制服の衣替えは10月のようですが、茶道では11月から炉が変わるのですね~
「名残の…?」いろんなところでそんな気配を感ずる季節です。
ゆったりとお茶を~~いいですね~。
まゆ最中って蜂の家のですか?
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2012.10/22 22:22分 
  • [Edit]

クリスさん、さすがお菓子好き! 

そうです。蜂の家のまゆ最中です。

お菓子のことを書かないとクリスさんががっかりされるかと思いまして…。
一つ一つが地味なお菓子で寂しげなので二つ一緒に菓子皿にのせてしまいました。
どちらかというと、まゆ最中の方が好きかな?

家の近所のお菓子屋さんに栗蒸し羊羹があるのですが、これが絶品なのです。
こんどお会いする機会がありましたらお持ちしますね(^_-)-☆
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2012.10/23 09:31分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは~(*^_^*)
お二人の会話、ツーカーというか、聞いていて楽しいです。
炉になる前は名残の風炉というのですね。なんか風情があってすてきですね。
あんこが大好きなわたくし。蜂の家のまゆ最中、
知らなかったので、早速ネットで調べてみました。
小さくていくつでも食べられそうですね。
なんとなく空也もなかに似ているような・・
新宿では売られていないのが残念ですが、
こんど見つけたら絶対買って食べてみまーす(^o^)/~~

矢車草さん、ありがとうございます 

お菓子の話になると俄然盛り上がってしまうのが女性。

まゆ最中は東急沿線にお店が多いようですね。

私の友人が青葉台に住んでいるので、その近くで調達してくれました。

私も和菓子の中で最中は好きなものの上位にあります。
あんこの良しあしが一番問われるお菓子ですものね。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2012.10/24 21:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード