一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

久しぶりの青森

青森 
50数年前ですが、父の転勤について北海道に渡りました。
当時は東北本線で青森まで行き、その後は青函連絡船にのって揺られる事5時間以上(私がのった時に揺れなかったことはほとんどありませんでした。ちょうど下北半島が途切れるあたりで波が強くなり始めるのが普通でした。
冬は特に揺れて2月に高校の修学旅行で乗った時など、客室備え付けの枕や洗面器{酔った人のための}などが船室の恥からはじまで吹っ飛ぶという凄いときもありました)
青函連絡船というところにリンクを貼ってありますのでクリックして見て下さい。懐かしい列車を船に積み込む写真などが掲載されています。

1954年5月に」連絡船「洞爺丸」に乗って北海道に渡りましたが、その年の9月に大きな台風(洞爺丸台風)がきて、この連絡船は沈没し、たくさんの人が亡くなりました。函館の七重浜という海岸には多くの遺体が打ち上げられたそうです。(1430人死亡)
話はそれますが、ニューヨークの貿易センターがテロにより爆破されるという未曽有の大惨事がありましたが、この時も前年の6月に私はこのツインタワーの展望台に上がってニューヨークの夜景を眺めました。そして3月11日の事件です。
何か因縁めいたことを感じたものです。

さて、その後船は少し大きくなり、速度も増したのですが、それでも一時間くらいの短縮。
私はこの青函連絡船が大の苦手でした。

その後は結婚により北海道を離れ、以後は訪れるときは航空機の利用になり、連絡船に乗ることはなくなりました。
(1988年3月青函トンネルの開通と同時に青函連絡船は廃止されました)

今は青森と函館にそれぞれ一隻ずつ展示されて観光の一役を担っています。

そして、青函トンネルの開通により、青森函館間を2時間で走る「海峡線」という路線ができ、いずれは青森まで来ている新幹線が北海道にも通じるようになるそうです。

東北本線の終着駅「青森駅」には今も連絡用の長い通路がきれいにペンキを塗られて残っています。
船には列車もそのまま格納されて運ばれたので、その線路もまだ残っていましたが、朽ちかけてまさに残骸という感じで、時の経過を物語っていました。

それとは対照的に大きな橋が架かって自動車道路ができていました。
人間も渡れるので通ってみましたが、通行量も少なく、何となくさびしい感じがしました。

でも短い時間ながら青森港や連絡船を見ることができて。ここに案内してくれた両親が青森出身でよく青森を知っている友人に感謝です。



青森で食べた珍しいものに「せんべい汁」があります。
キノコやニンジン、大根などを入れたすまし汁に南部せんべいを割りいれてたべるというもの。
何かミスマッチの感じがしますが、これが意外にいけるのです。
ちょっとせんべいがふやけたころが食べごろ。
以前にテレビの番組「けんみんショー」で見ていて面白そうと思っていたのでので、実際に食べることができて満足しました。

もう一つは「みず」という植物との出会いです。
山菜として東北の人は良く食べるそうですが、東京ではなかなか出会えません。
ホテルの夕食にも出ましたし、青森駅前のお寿司屋さんで見たのはこの「みず」とホヤを氷を浮かべた汁に浸したもの。「ホヤとみずの水物」とメニューには出ていたので頼んでみました。
しゃきしゃきとしたみずと潮の香りいっぱいのホヤ、初めて食べた珍しい味でした。

駅の売店でこのみずを束ねて売っていたので、重いのもいとわずに買って帰り、ゆでて蕗のように皮をむき、油でいためてきんぴらのようにしたら、ほんのり苦みが残り、しゃきしゃきでご飯がすすむおかずになりました。

というわけで、奥入瀬の緑滴る森を歩き、懐かしい連絡船にも会え、珍しい食べ物にも出会えた素敵な旅でした。
そうそう、毎年変わらずに集まっておしゃべりができる友人にも感謝です。

Comment

懐かしさを感じて… 

青函連絡船、今は昔のことになってしまいましたね。
「洞爺丸」沈没、嵐となってろうそくの灯りのもとに家族よりそって
「ラジオ」を聞いていたその光景を今でも覚えています。
今思うと、あの時私は7才だったのかな…(@_@;)
覚えているということは、よほど強烈だったからでしょうね。

奥入瀬は行ってみたいところです。
あまり好き嫌いのない私ですが、ホヤは苦手です。
じつは食べず嫌いなんですが・・・
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2012.07/07 21:20分 
  • [Edit]

クリスさん、本当に今は昔ですね 

航空機が出てきてからは、JRに乗るよりはこちらが安くなっているのと、時間の問題で乗らないでいるうちに、青函連絡船もなくなってしまいました。
今はただただ懐かしい思い出になりましたね。

奥入瀬は新緑と紅葉の時期がお勧めですが、夏はウバユリがが咲いたりショウマなども見られるようです。
一日がかりで歩くエコツアーなどもありましたよ。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2012.07/09 21:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード