一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

広島旅行

若いころは趣味はなんですかときかれたら「旅行」と即座に答えるほど、旅行がすきで夫婦でよく出かけたものです。

しかし、よる年波でしょうか?  最近は面倒が先に立ちめったに出かけなくなりました。
特に夫婦そろっての旅行は。

息子が広島に転勤になって私はすぐにどんなところに住んでいるのか気になって春に行ってみました。
しかし、連れ合いはなんのかんのと重い腰をあげようとせず、やっと「そういえば、ずいぶん孫の顔も見ていないな、じゃちょっといってみるか?」といってこのたびの二泊三日の旅が決定しました。

孫たちも大きくなると発表会だとか、試験だとかいろりろと日程を合わせるのが難しくなります。

やっと実現した今度の旅はまず初日は羽田から広島空港に飛び、迎えに来てくれた息子と呉港に行きました。

ここには海上自衛隊の資料館があり、無料で潜水艦の内部などを見せてくれる施設があります。
海上自衛隊の主な仕事である魚雷の除去をする掃海作業の展示物から始まり(右上の写真はその魚雷の実物です)、最後は建物正面にある潜水艦の実物に入ることができ、その操縦室や潜望鏡などを退役したと思われる人たちが丁寧に説明してくれます。

私の父は昔海軍兵学校の教官をしていたこともあり(実技ではなく文官でしたが)船が大好きでよく商船大学の教官の甥の練習船が小樽港に入港したりすると飛んで行って見学していたそうです。

父が生きていてここを訪れたならどんな感想を持ったかと思いつつ、私も飛行機や船が大好きなものですから、三人の誰よりも喜んで見学しました。
この潜水艦の操縦席にも座らせてもらい写真も撮ったのですがさすがにそれを載せることは遠慮しました。

この資料館を出たあと近くにある「潜水艦桟橋」にも行ってみました。
なんと6隻も潜水艦が停泊していて大当たり、大喜びの私です!


翌日は広島の県立美術館と広島美術館(市立)のはしごをしました。

上が県立博物館、下がひろしま美術館です。
どちらも素晴らしい収蔵品を持っていて、これまでにあったことのない素晴らしい絵画や彫刻にたくさん出会い幸せなひと時を過ごしました。
人が少ないのでゆっくり静かに絵をながめられますし、とくに県立美術館は隣に「絶景園」というまさに絶景の日本庭園があり、そこの紅葉を美術館の中から見ることができます。

二つの美術館を見た後は広島城を眺めてから松山からフェリーでやってきた孫たちと合流し、牡蠣で有名な「酔心」で思う存分に牡蠣を味わいました。

牡蠣でお腹が膨れた後は平和道りで開かれているイルミネーションショウのお楽しみ。

              原爆ドームもイルミネーションになると現実感がなくなります。

              平和のありがたさをかみしめながら街を歩きました。

Comment

良いご旅行でしたね~ 

ピメントさんのお父様と我父とは共通点がいくつかあるようで・・・
海軍にいた頃の話はあまり聞きませんでしたが、
戦友を多く亡くした南方の海に祈りを捧げたいと、老後シップドクターとなり外国航路をあちこちとまわってました。
海が好きで船が好き、地上では足元おぼつかなくても、揺れる船のうえではタラップも軽々と・・・と自慢してました。
そうですか~呉にこんな施設があるのですね。
私は船は苦手ですが、ピメントさんは空も海もOKなのね~

広島は行ったことがありませんが、私の作るお好み焼きは、広島風です。(^_-)-☆
イルミの写真は、息子さんご一家ですか?
上のお嬢さんはもう中学生なのですね。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2011.12/05 21:58分 
  • [Edit]

クリスさん、さっそくありがとうございます。 

クリスさんのお父様はシップドクターだったんですか?
かっこいいですね。
わが父は海軍にいたといっても軍人ではありませんでした。
ただ船が大好きで、晩年は一人で島めぐりをしていました。
多分日本中の島をほとんど回ったのではないでしょうか?

この施設を父に見せたかったなと一番に思いました。
呉は船好きの人には最高の場所ですね。
次に広島に行ったときにはもっと時間をとって見に行きたいところです。

孫その一は中一なのですが、春に会った時には私の耳位の背の高さだったのに半年でぬかされてしまいました。
そして次に会った時には孫その二にぬかされているかもしれません。
何しろこちらは一年で5ミリほど縮んでいるのですから(ー_ー)!!
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2011.12/05 22:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

ピメントさん、良いご旅行が出来ましたね\(^o^)/

海軍の話・・・私も仲間入りするとすれば・・・
父は戦艦大和の製図に携わり、兄は海軍兵学校の最後です。
お父様に教えを受けていたかもしれませんね。

呉港には海上自衛隊のこんな施設があって、見学出来るのですね。
ピメントさん、良かったわね。
夏の暑い日に横須賀に自衛艦を見学に行ったことがありますよ。

大きくなったお孫さんたちとも、久しぶりにあって、沢山お話されたことでしょう。
美術館めぐりもされて、命の洗濯が出来ましたね(^^♪

  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2011.12/06 18:10分 
  • [Edit]

えっ、はっちゃんも? 

まあ、びっくり!
世の中なんと狭いんでしょう?

お父様は戦艦大和の設計にかかわり、お兄様は海軍兵学校のご出身?

この写真の資料館の隣は「やまとミュウジアム」(こちらはあの宇宙戦艦ヤマト」に関する展示らしいのですが)なんですよ。
もちろんこちらも元になるのは本物の軍艦がモデルでしょうから、縁がないというわけではありませんものね。

船好きにはたまらない呉の街です。

そして、広島は原爆ドームと宮島だけが見どころではないということが今回よくわかり、息子がいるうちに何回でも行きたい街になりました。

以前は松山からしまなみ海道を走るバスに乗り尾道に出たりしていたのですが、今度は反対コースをたどったり、瀬戸内を船で渡ったりと楽しみが増えました。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2011.12/06 21:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード