一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

短かった11月

なんだか充実感のない11月が間もなく終わろうとしています。

多分月の半分は体調不良のために楽しいことがな~んにもなかったからでしょうね。

やっと回復して,延期してもらっていたお茶の集まりもできました.
でも、終わってみるとお菓子の写真しか撮っていなかったりして、やっぱりちょっとおかしいです。(しゃれか?)

和菓子 
当番の方が鶴屋吉信で今月売り出されているお菓子をいろいろ買ってきてくださいました。
多分それぞれに銘があるのでしょうけれど、亥の子餅以外は私が勝手につけてみました。
時計回りに右上から「初霜」、「西王母」、「錦の山」 いかがでしょうか?
亥の子餅は炉開きの折のお約束のお菓子です。

今月から炉を開きました。
炭 
炉の中にこんな風に炭をついで火を起こしてからお茶を点てます。
実際のお茶事ではこの炭をつぐお点前の後にお食事を出して、それが終わるころにちょうど炭がおこって、お釜のお湯が沸くように時間の経過が計算されています。ほぼ1時間以上ゆっくり食事を楽しんでいただくというわけです。

この写真では種火の赤い炭が見えませんが、3本の種火の炭からじわじわと火が移って行って、炭がチリチリとおこっていき、香が香り、やがて釜の蓋の間から湯気が上がっていくありさまを、食事と一緒に出されるお酒でほんのりといい気持ちになりつつ眺め、次に点てていただくお濃茶に思いをはせる至福の時を味わうのがお茶事です。 
そういう意味で炭点前というのはお茶事のイントロダクションかもしれません。

お茶事ではお菓子は食事のデザートとして供されるものなのです。
美味しい吟味された食事と少々のお酒を頂き、最後に甘いお菓子を食べてから一旦部屋を出て小休止をとってから濃茶を飲み、続いて薄茶をのむというのがお茶のフルコースです。
それを省いて、お菓子を出して薄茶を点てるというショートカットのコースが一般的になっています。

しゅんしゅんとわいたお釜から汲んだお湯で点てるお茶はやはり秋がぴったりですね。
上の写真にのせたお菓子で抹茶を飲む姿を想像すると「あ~~、お茶が飲みたい!」という気分になりませんか?

Comment

NoTitle 

なりますね~(^_-)-☆
お抹茶を一服、所望したいで~~す。
実は、今日は、ご近所のお友達に声をかけていただき、
お料理上手な友人のお宅に招かれて、秋の美味しいご馳走をいただいてきました。
その後で、ピメントさんのブログを拝見したら、もうたまらないわ

秋のお茶事、赤く燃える炭火を見ながら、ほっこりと素敵ですね。
若かりし頃、お稽古したのを思い出しますが・・・
その時は手順を覚えるのに必死で、余裕のなかったのを思い出します。
自然の流れの中で、こんなお茶事が楽しめたら、ほんとに素敵なことですね。

大分、お元気になられたようで、良かったわ(^_-)-☆
  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2011.11/28 18:11分 
  • [Edit]

はっちゃん、ありがとうございます。 

お菓子美味しそうに見えたでしょうか?
なんだか写真がうまく撮れていなくて気が引けながらアップしました。

いつもお見せしているだけでなしにいつかぜひお茶を飲みに来ていただかなければね。(^_-)-☆
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2011.11/28 19:38分 
  • [Edit]

美味しそう~ 

はい!「あ~~、お茶が飲みたい!」という気分になっております。
先日病院の母にもっていったお菓子がピメントさんが名づけた(笑)この「西王母」と「錦の山」でした。
母はピンクの椿「名前は山茶花とありましたが」を、私は「錦」のほうをいただきました。
お抹茶がほしかったですよ。
今 叔父の庭にほのかに香る薄ピンクの椿が咲いています。
筒咲きのまま全開せず落下しますが、もしかしてこの「西王母」ではないでしょうか?
今 咲いてますか?
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2011.11/29 11:48分 
  • [Edit]

クリスさん、西王母でしょうか? 

お母様お心ずくしのお菓子、お喜びになったでしょうね。

でも、銘は「サザンカ」だったのですね。
確かに西王母だともう少しピンクが濃くてふっくらしていますね。(減点一点!)

西王母は一番早く咲き始める品種で、濃いピンク、蕾が桃の実のようです。
10月から咲き始めてまだ咲いています。
これからは椿の花が次々に開くので楽しみです。
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.11/30 09:31分 
  • [Edit]

ピメントさん 

言葉足らずで、ごめんなさい!
私が買ったのは、鶴屋吉信のものではないのです。
ですから、満点かもしれませんよ~(*^_^*)
伊那川上屋の「栗きんとん」を母が好きなので、二子玉へ寄ったのですが、
目指す「栗きんとん」は別バージョンになっていて、そこで求めたものです。
顔つき?がとても似ていたの、思わず・・・

西王母って知らなかったので、ネットで調べてみたら、.香りがあって早咲きだとあったので、ふとそうかな?と思いましたが、
ピンクはとても薄いのです。
西王母はピンクがもう少し濃いめなんですか?違うかな?
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2011.11/30 10:09分 
  • [Edit]

クリスさん、西王母ですが。 

なんだか、私がお菓子に変な銘をつけたので混乱してしまいました。ゴメンナサイ(ー_ー)!!

ところで、西王母ですが、ネットで見ますと香りがあると書いてありますが、我が家のは薫りません。

でも、ふっくらしたピンクが可愛いので写真を撮ってメールに添付してお送りしましたので見てやってください。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2011.11/30 20:45分 
  • [Edit]

素敵なブログ 

ピメントさん
お茶、少しはお稽古していたのですが、小学生の頃だったので、ひたすらお点前の練習だけでした。
ピメントさんにはちょっとしたことでも、私にはとても興味がわきます。
お茶の心や伝統を、また聞かせてくださいね。
  • posted by いちご 
  • URL 
  • 2011.12/08 07:19分 
  • [Edit]

いちご先生、コメントありがとうございます 

私は慣れ切ってしまっていることでも、みなさんには新鮮に映ることもあるのだと、ブログを書くことにより新たな発見があります。

こういうコメントを頂くとお茶をしていて良かったと思います。
これからもよろしくお願いします。<(_ _)>
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.12/08 21:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード