一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

函館

 みなと  
学生時代からの友人と毎年旅行に出かけるということをもう10年以上続けているのですが、今年はその一人の住んでいる函館を訪ねました。

もう一人は札幌から来て三人で一年ぶりの再会で二泊三日の旅を楽しんできました。

上の写真は函館港を望む「ホテル ラビスタ函館ベイ」の12階の客室からの眺めです。

函館も3月11日の地震による津波で、このホテル一帯も2メートル近い海水が押し寄せたそうですが、今はその跡は消されて、ここまで来たというプレートのみが残っていました。

やはり、震災による観光客の減少は見られるそうですが、このホテルは屋上に天然温泉があることと、日本一おいしいと評価された朝食ビュッフェが売り物で、閑古鳥の鳴くほかのホテルをしり目に結構な客の入りでした。

その朝食ビュッフェは写真を摂り損ねてのせられませんが、朝から自分で好きなだけ盛れる海鮮丼や目の前で焼かれる魚や野菜、豊富な食材、炊き立てごはんなど確かに今まで見たこともないほどバラエティ豊かな朝食でした。

部屋ではコーヒー豆が用意されていて、自分でレトロなミルで挽いていれられるようになっていたのはうれしかったです。

この景色を見ながらの美味しいコーヒーは格別でした。

実は函館には新婚時代に一年住んだことがあります。

明治の時代の建物も多く保存され、私たちの住んでいたところも「運上所」という今でいう税関の建物をそのまま使った古い建築物でした。床の間つきの10畳二間が私たちの部屋でしたが、台所も風呂場もなく、今考えると実に不便な家でした。
大きな家の中に4家族が住んでいたのですが、仕切りは障子やふすま、台所は共同、もちろん洗濯機などもあるはずもなく洗濯場で手洗いして、部屋の廊下で干していました。

今考えると昔の住環境といのは実に粗末なものでしたが、皆が不便を我慢して、住むところがあるだけましと思いながら、周り近所に気を使って暮らしていたのだと思います。

その家は残念ながら取り壊されて空き地になっていました。

レトロといえば函館の街でこんなものを見ました。
 
消火栓 


 結構あちこちで見かけました。まだ現役のようです。

古民家はカフェや雑貨やとして使われていますし、公会堂やロシア正教の寺院は今は名所として活躍しています。

坂と古い建築物は現代の観光客の気持ちを惹きつけるようで、パンフレットを片手にそぞろ歩く人々を多く見かけました。

Comment

泊まってみたい! 

日本一美味しい朝食ビュッフェですか~~
それは興味をそそられますね~
学生時代の友人は、いいですね~何年たっても昔のあの時代にもどれますものね。
来週は私も昔のクラスメートとおしゃべりタイムをもてる予定。
函館、私も何度か行きましたが、良い街ですね。
朝市で海鮮丼を・・・・(*^_^*)
昨日は、ひょんなところでバッタリと・・・びっくりしました~
次回はあの時の写真ですね。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2011.06/22 20:12分 
  • [Edit]

クリスさん、お勧めです。 

欲張って食べ過ぎにならないように「要注意」の朝食ビュッフェです。

ホテルは割とリーズナブルな値段で泊まれます。
JR函館駅から近いこと、近くに買い物をする店やレストランも多いのでとても便利です。


昨日は高幡不動駅でばったり!びっくりでしたね。

撮影実習はハードで今日は筋肉痛に悩まされました。

あんなにアジサイがたくさん咲いているとは予想外でした。

多分、昔はカメラを持って出かけていなかったからでしょうね。

先生の真似をしてみたいと思ってもアジサイって難しすぎます。(ー_ー)!!
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2011.06/22 21:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード