一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

三日間の入院体験

入院 
3月7日の記事を読んでいただけると今回の入院に至る経過がわかっていただけるのですが、その時の内視鏡検査の検査の結果、平たくて割と大きなポリープを切除しようといわれていました。
4月後半くらいに入院の予定が、予期せぬ大きな地震のために内視鏡の消毒薬を作る工場が罹災したそうで5月まで延期ということになってしまいました。

で、とうとうその日がやってきました。
病院は新宿区にある国立国際医療センターです。
最近新築された病棟はとてもきれいで、ナースセンターの前からは東京スカイツリーが、私の病室の窓からは池袋のサンシャインビルが見えるというロケーションです。

私が入ることになったのは11階の個室でビジネスホテルのようにコンパクトにまとめられた部屋でトイレ、洗面所もついています。

手術前日は検査食で、鮭の入ったおかゆと薄いすまし汁、それに葛湯と甘い紅茶の昼食、間食用としてクッキーとジュース、夕食はポタージュスープと番茶のみ。

そして手術当日は朝の6時から2リットルの下剤の服用がはじまりました。

失われた水分を補うために点滴で輸液をするので、喉の渇きはあまり感じずにすみました。

しかし、入院患者がガラガラと引っ張って歩いている輸液スタンドはまことに不便なものでトイレに行くときなどは電源を抜いて移動しなければならいし、引っ張ると振動で誤作動して赤いランプがピーピーと点滅するわで結構あせります。

でも、せっかくですから患者生活を体験したいと、これを引っ張って別の棟にある売店まで行ってみました。
普通なら寝巻で人前に出るなど考えられませんが、病院ではそれが当たり前のこととして歩けるのです。
なんでも経験してみたいという野次馬根性はこんなところでも発揮されました。

さて、お腹の中もすっかりきれいになって、まな板の鯉になり、待つことしばし。
2時ごろ「内視鏡手術始めます。」という案内があり3階にある内視鏡室に行きました。

主治医である先生がこの病院の内視鏡医でもあるので、私のポリープ切除もしてくださいます。

軽い麻酔をかけて手術が始まりました。
お腹の中で内視鏡が動くのはわかりますが、あまり苦しいということもなく30分くらいでしょうか。
「はい、終わりましたよ。これが取ったものです。」と小さな容器に入ったピンクのフヨフヨした1センチくらいのポリープを見せてくれました。
これで、組織検査をして悪いものが見つからなければセーフ。
とりあえずは仮釈放で入院3日目に帰ってきました。

今回の入院は病気というわけでもないので実に気楽なもの。個室に入ってしまうと外の音もほとんど入ってこず、静かな空間でのんびり本を読んだり音楽を聴いたりと静養のための休暇旅行をプレゼントしてもらった気分でした。

この病院では医師も看護師もとても若い人が多く、特に看護師の女性の働きぶりには感心しました。
病院のモットーは「笑顔と真心」だそうですが、私が接した人たちにはそのモットーがいきわたっていたように感じました。

Comment

退院おめでとうございます 

入院生活を楽しまれたようで???
大事もなく、無事余計なものも取れたようで、良かったですね。
ひとまず、安心ですね。
丁度同じ頃に息子も「もどき」と言われて、ポリープ取りました。
若いので入院はしなかったようですが、用心して会社は3日間休んだそうです。

どこの病院も医師も看護師さんも忙しそうで、良く働きますね。
患者さんは何と言っても頼りにしていて、笑顔が安らぎですよね。
  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2011.05/29 19:47分 
  • [Edit]

無事ご退院おめでとうございます。 

お元気そうで、よかったです。
2リットルもの下剤にも挫けず、新築病室での入院体験をよく観察されて余裕ですね。
こんど自分の体験の時には、しかと参考にさせていただきます。
組織検査でお墨付きをいただいたら、晴れてすっきりとなりますね。

義父が入院していた国立療養センターでも、看護師さんの働きぶりに頭が下がりました。
「笑顔と真心」ですか~いいですね~
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2011.05/29 21:00分 
  • [Edit]

はっちゃん、ありがとうございます。 

好奇心の虫は病院でもじっとしていてくれませんでした。

まあ、本物の病気でなかったからの余裕なのですが、ほんとは小心者で、大病院は玄関をはいったところから緊張します。

現に入院してすぐの血圧は結構上がっていました。

されることも大方の予想がついているから、こんなふざけたことが書けるんです。(^_-)-☆
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2011.05/29 21:24分 
  • [Edit]

クリスさん、ありがとうございます。 

三日といえども入院患者なので、手首にバーコートの付いたタグをつけられ、これをつけている間は病院内から勝手に出ることは禁止されていました。
なんか「ER」の画面を思い出して、しっかり患者気分を味わいました。
内視鏡手術の後は歩けても車いすに乗るように決められていて、初めてその経験もしました。
なんとも面映ゆかったです。(ー_ー)!!







































































































































  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2011.05/29 21:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード