一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

弥生の茶席

弥生の茶席 
久しぶりにPhotoshopElementsを使ってみたらかなり難儀をしました。

やっぱり、使わないうちにどんどん忘れてしまっていて愕然としました。

今日もメンバーの間で話題になったのですが、忘れるということが日常茶飯事になり、絶えず探し物をしているという話や、お点前でもちょっとしないでいると手順を忘れてしまって混乱してしまいます。

私たちの会は師匠というものをおかずに、自分たちだけで知識を持ち寄って楽しんでいます。

しかし、お茶の点前というのはとても合理的にできていて手順を踏まないとつじつまが合わなくなってきて「え?ここ変じゃない?」ということになり結局プレイバックしてやり直し納得するということが多くなりました。

ちょっと自慢話になってっしまいますが現役だったころは、少々難しいお点前でもたいていは頭の中にきちんとたたみこまれていたのですが、最近はそれがあやふやになってきて「あれ?」となります。
これが老化というものなのだと実感する今日この頃です。

同年の人が多いので(小学校の同級生です)お互いの老化度がほぼ並行していて、ちょっと安心もでき、笑うことも多くて楽しい会になり、もう20年近く続いています。


3月に入ると釣り釜という、昔囲炉裏にかかっていた釜を思わせるものを使います。
利休さんが農家の囲炉裏から思いつかれたと聞いています。
それを各時代の家元たちがとアレンジをして色々な形の釜ができるようになりました。
うちのは三瓢釜といい、釜全体の形が瓢、そして釻(かん)つきという釻をかける場所に二つの瓢というわけで「三瓢」です。

柄杓を使うたびにゆらゆらと揺れる風情のある釜「釣り釜」は大好きです。

今日は裏庭で蕾を膨らませていたサンシュユと屋上の鉢に花をつけていた椿 妙蓮寺をいけてみました。
割ときまって朝からいい気持ちです。(たまに思うように活けられなくて困ることがあるのです)

Comment

静かな時間 

動の後は静・・・バランスのとれた時間をお過ごしですね。

えへっ! 若い時から手順なかなか覚えるの大変でした(@_@;)
きっと、親に言われて、消極的にお稽古していたからでしょうね?
何事も好奇心を持って、積極的に取り組まないと、身に着かないものですね。

床の花も決まって、3月の出足好調そうですね\(^o^)/
我が家のサンシュユ、鉢植えを地におろしたのですが・・・ちょっと元気無しで心配しています。
  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2011.03/02 10:45分 
  • [Edit]

3月ですね~ 

明日はお雛様。
私も、静かなひとときを持ちたいで~す。
でも長くは正座ができないかも?
最近はお寺さんも椅子席になって、法事のときも助かっています。
レベルが低くて、ごめんなさい。

茶花をいけるのにも、細かいきまりがあるのですか?
○○道は苦手で避けてきましたが、お花だけはやむなく習ったのです。(@_@;)
師匠だった叔母もとうになくなってしまって・・・
お花を活けることもなくなってしまいました。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2011.03/02 22:41分 
  • [Edit]

はっちゃんへ 

はっちゃんの野の花好きは若いころなさったお茶のお稽古やお母様の茶花を愛するこころがもとになっていらっしゃるとご推察申し上げております。

私もお茶をしていなかったら、今のように花が好きになっていなかったかもしれません。

元来、茶花というのはお客様が通る露地には植えず、裏の人の目につかないところでひっそりと育てるか、野に摘みに行ったものをいけるというのが常道です。

露地というのは低木や下草としてフッキソウやヤブラン、セキショウ、苔くらいのジミ~~なものなのです。
そこを通って薄暗い茶席に入って床の間を見ると一輪の宗旦木槿などがぱっと眼に入るというサプライズの世界を狙っているようにおもいます。

でも、それはそれ、花はどこで見ても美しく楽しいものだと思っております。

クリスさんへ 

茶花のいけ方にのご質問にお答えします。

炉の時期には椿を主に、そして風炉の時期には野に咲く花を野にあるようにいけるのが基本でしょうか?

流派によって少しずついけ方は変わるようですが、床の間の掛け軸が主役ですので、軸の大きさに合わせて正面に飾ったり、床柱の花釘にかけた掛け花入れに入れたりすることもありますし、天井から鎖でつるした花入れにいけることもあります。

菖蒲とかあやめを銅の舟にいけてつるし、、その清涼感を味わうという趣向もありますね。

畠山記念館に行くとそんな雰囲気を味わうことができます。
そのうちに一度ご一緒しませんか?

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード