一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

9月のお茶

  「う」がつく干支に生まれた6人が集まってお茶を楽しむ「うらく会」を作ってから、かれこれ20年近くたちます。

「う」といってもどの「う」かはご想像にまかせます。

とにかく、お茶遊びの好きな6人は毎月あきもせずに我が家に来てくださいます。

 

灰型 風炉の灰を前もってきれいに形を作ります。

(写真をクリックすると大きな画像が見られます。)

これが何年やっても満足にできたためしがありません。

ここに炭をついで釜をかけます。

そして、掃除を念入りにして(普段は丸く掃くところも丁寧に)床の間に軸をかけ、花をいけます。

床の花   今日の花はシコンノボタンと先日手に入れたばかりのクサボタン、それにススキです。

 

結構いろいろな花が咲いてくれたので、それぞれに趣向をこらして花をいけ、炭点前をして、香をたいてから優雅に濃茶を楽しむという「仙遊」というお点前をしました。

こう書くと大変優雅に見えますが、全部終わるまで約1時間近くかかるので、膝にかかる負担は大変なものです。

実は私は膝をいためているので、ここには参加せず参観です。

きちんと着物を着てはるばる出かけてくれる友人たちはえらいなとつくずく思います。

 

帯 なにいろといったらいいのでしょうか?

オレンジ色を渋くしたようなちりめんの単衣の着物に瓢箪を墨で描いた帯、瓢箪をくくる紐が着物と同じ色という心にくいコーディネート、さすがに長年着物を着こなしている人ならではの選択にはおそれいりました。

みんなでほめまくりました。ほんとに素敵でした。


Comment

静かなひと時いいですね~ 

ピメントさん
私は、まったくの不作法者。
でも、きれいに設えたお茶室で、静かなひととき、風流で素敵に思います。
気持ちが凛としてくるようです。
お着物をすてきに着こなしている方は、憧れますね。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2009.09/18 20:43分 
  • [Edit]

クリスさんありがとうございます 

私の日ごろの行動からはお茶の茶の字も感じられないと思いますが、お茶の集いを開くことで、自分がいつもと違う世界に入っていけます。

花をめでることも、お茶の世界から入って行きました。

庭に出て、床に飾る花がタイミングよく咲いていてくれると本当にうれしいものです。

そして、伽羅の香りを聞きながら、みんなで「しあわせ~~!」と顔をほころばせる瞬間が、この会を続ける原動力かもしれません。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード