一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

若い人たちとの交流

デバイス調査 
いちえ会の行事で東京大学とIBM社が行う「モバイルデバイスに関する調査」に参加しました。

調査対象は「i pad 」と「 i pod touch」で参加者に一台ずつ抽選で配られて、一週間貸し出され使い勝手についてアンケートされます。

私は i pad が当たりました。

今使っている携帯電話の i phone と操作はほとんど変わらないのですが、やはり画面が大きい分映像などが鮮明ですし、ダウンロードしてみる産経新聞の記事などもとても読みやすいです。

タッチ、ピンチ、ムーブなどの独特の操作も慣れると簡単で楽なので、これから高齢化する社会には結構需要の多いデバイスかもしれません。

ただ、買ってすぐに使えるというものでもありませんし、その仕組みについて理解するのはかなり大変かな?

私は i phone を買ったときに取り扱い説明書がないことにびっくりしました。

結局インターネットにアクセスして膨大な取扱説明を見、とても覚えられないので印刷をして必要個所を少しずつ覚え、後はアップルストアに出かけて操作方法を教えてもらいました。

パソコン要らずのデバイスと思われているようですが、結局パソコンの操作ができない人にはかなり難しいもので、今後どんな普及の仕方をするのか興味津津です。

ところで今回、いちえ会に見えた若い研究者たちは、みなさんとても礼儀正しくさわやかで、親切でした。 (いまどきの若者の中にもこんなに素晴らしい人たちがいたことを嬉しく思いました)
最後のお茶を飲みながらの雑談の中から、シニア世代の新しい生き方をどのようにとらえてくださったのでしょうか?

その中の一人の方がTwitterでつぶやいていましたが、「年齢を重ねるにつれて様々な個人差があらわれることを実感した。
今回は都会のシニア対象の調査だったけど、はたして僕の地元みたいなド田舎だとどうなるのだろう?」 と。

まあ、今回はパソコンが趣味の人ばかりが集まっていてわけだから特殊な調査対象だったかもしれません。

いちえ会で、日々変わっていくコンピューター社会の背景をリアルタイムで教えて頂けるという幸運に恵まれ、感謝せずにはいられません。「いちご先生、ありがとうございます<(_ _)>」

Comment

ありがとうございました 

今回は、調査にご参加くださってありがとうございます。
若い研究者の皆さんがどんなふうに、iPadやiPod touchを照会するのか、興味津々でしたが、さすがでしたね。
操作を楽しくゲーム感覚で覚えられるツールも、あの方が作られたのですよ。
工学博士って、そういうのもパパッと作ってしまうのですね。

いちえ会は、決して特別な会だとは思っていませんが、ちょっと半歩、先のことをご紹介できればいいな…と思っています。
これからもどうぞよろしく!(^_^)
  • posted by いちご 
  • URL 
  • 2010.12/24 18:29分 
  • [Edit]

いちご先生、コメントありがとうございます。 

今回の調査に参加させていただき、とてもエキサイティングな時間を過ごすことができて本当にありがたかったです。

いちえ会ならではの企画でしたね。

若い青年たちとふれあって、なんだかエネルギーをもらった気分がします。
みんな、素晴らしい青年たちでした。

一生懸命研究をしている真摯な姿にさわやかさを感じたのは私だけではないと思います。

また、こんな機会があるといいな(^_-)-☆

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード