一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

師走のお茶


花
 
今年も残すところ10日余り。
世間は師走だ、年末だと慌てふためいているようですが私たちご隠居暮らしの人間には、あまり関係なく優雅にお茶遊びです。

庭にいい具合に蝋梅が咲いてくれました。
それに白侘び助をあしらって床の花にしました。
暖房が効きすぎて、活けた時は半開きだったのに満開になってしまったのはちと残念です。(茶道の世界では満開の花は喜ばれず、わずかにほころんだあたりがよしとされています)
花入れは大樋焼きです。

掛け軸は毎年一年間無事に過ごせたことに感謝して「無事」(本当の意味は違うようですがいいんです)。

お点前は「初炭点前」、炉の中に湿した灰をまいて景色を作り、火つきを良くします。

お菓子は鶴屋吉信製の「庭小槌」と「姫椿」という銘がついていました。
ほかにも「冬ごこち」とか「吉祥椿」などと名付けられたきれいなお菓子を当番の方が買ってきてくださいました。

鶴屋吉信は最近、いちいちお菓子の銘をきかれるのが面倒になったのか個別包装のプラスティックのケースの裏に菓子銘を書くようになりました。
ついでに原材料も書かれていて、なんとなく味気ない思いがよぎるのは私だけでしょうか?(それとも食品なんとか法で義務付けられたのかしら?)

形をみて、これはなんという銘がついているのかな?と想像することも楽しかったのに、「はい、このお菓子はこれこれの材料を使った姫椿という名前なんですよ。それ以上聞くことある?」って感じ(-_-メ)

師走のお茶

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード