一期一会

一つ一つの出会いが楽しみの元

Entries

うらく会 6 月

 今年も半分が終わろうとしています。

まったくなんと早く時間が過ぎてしまうのだろう!

庭の草木がいつの間にか春を過ぎて夏のものになっていることに改めて気が付きました。

今日はダルマバウツギという5年くらい前に求めた鉢が今年は結構花を咲かせてくれたので、これを切って床の間にいけました。そえの花はビヨウヤナギの咲き残りです。

うらく会6月 


今日のお菓子は菓匠清閑院の「茶みどりしぐれ」(さみどりしぐれ)、白餡に抹茶を混ぜた黄味しぐれのようなお菓子。上に載っているのは玉露の葉です。

さて、本日のお点前は「伝もの」といって、その許状を持っている人がしてよいとされている少し上級のお点前です。

足利時代に茶道が武士の趣味として広がったころは、茶道具は唐渡りが最高とされ、茶入れも茶碗も唐物を使って広間に台子をかざってそこで恭しくお点前を繰り広げていたと歴史書には書かれています。

そのころは唐物を持っていることがステイタスであり、それを使ってお茶を点てて、もてなしていたもようです。

それを踏襲したのが「伝もの」といわれるお点前で、道具をいわゆる和ものといわれる国やきのものよりも手間をかけて袱紗で清めたり、恭しくまわしたりします。

もちろん、私がそのような唐物を持っているわけがなく、それに似せて作られた写しの茶入れや茶わんです。

例えば「前田家伝来の富士茄子茶入れ」や「木の葉天目」を写して作ったものです。

本物は美術館に行かなければ見られません。

しかし、貴重なものを丁寧に扱う所作を覚えるという点ではなかなか貴重なものです。

茶道というのは所作を美しく見せる奥義のような要素を多く取り入れています。その一つでも身につけられたらいいのですがなかなか……。



函館へ

 アメリカに住んでいる弟の奥さんが来日しており函館に行ってみたいということで一緒に旅をすることにしました

二人で旅をするのは初めてのことです。

晴れ女を自負する私にとっては珍しく旅の初日は雨。

まず駅前の朝市の中のどんぶり横丁という海鮮料理の店がずらりと並んでいる店の中から選んだのは活きほたてほたてと三色丼のセットがおいしそうに見えた店。水槽からとりだしたホタテ貝は甘くておいしいし、どんぶりもカニ肉、いくら、ウニと豪華版、それに鮭のハラスの焼物、卵焼きがついて1980円(税別)なかなかの味で満足してさて観光に。

五稜郭公園に行って五稜郭タワーに上り市内を一望、そのあとは公園内を散策。
雨なのでタクシーに乗って立待岬や元町の古い町並みを見物。この日は早めに切り上げました。

二日目はバスに乗って恵山という火山の山すそに咲く山つつじを見に行きました。
ここまでは普通は車で行く人が多いのですが、我々は路線バスにえんえん2時間も乗って行きました。しかし、残念ながらつつじはシーズンを過ぎていてわずかに残っているのみ。
それでも鶯の声を聴きながら新緑を楽しみ、行き帰りの海岸線の景色を飽きずに眺めてきました。

その後函館山ロープウェイで山頂に行き津軽海峡や日本海に囲まれる函館の街を眺望。
昨日タクシーで下見(?)した景観遺産として残されている町並みを散策しました。
東京より約ひと月遅れの紅花トチノキの並木にも出会えました。


夕食はまたもや海鮮で、今度はホッキのお刺身やにぎり寿司でした。

函館1 
そして3日目。この日は観光バスに乗り大沼公園まで行きました。
当別のトラピスト修道院や木地挽(きじひき)山展望台を回って大沼公園まで2時間の旅です。
木地挽山からは蝦夷駒ヶ岳、遠く羊蹄山、大沼公園、函館山など360度の眺望を満喫できる素晴らしいところでした。
ここで眺めた大沼へ降りて行って大沼公園到着。
蝦夷駒ヶ岳を背景にした大沼はいつ見ても美しくすがすがしい風景です。

駒ヶ岳と大沼公園



そうそう、途中で最近開通した北海道新幹線の函館の最寄り駅「新函館北斗駅」にもお客さんをピックアップするするために立ち寄りました。
新幹線は2031年には札幌まで延長する予定らしいですが、今は何もない田舎の町に突然現れた新幹線の駅モダンな建物はちょっと異質な感じの風景です。

新幹線北斗駅
*CommentList

うらく会 皐月のお茶遊び

 茶道の世界では5月からは夏のしつらえになります。

炉を閉じて風炉を出して、お客さんから火を遠ざけます。

炭の寸法が炉の時より小さくなりつぐ炭の数も減ります。下の写真がその炭道具です。

炭道具


香合は炉の時には焼き物ですが、風炉になると木でできたものが多くなり、今日のは堆朱です。
白い灰は風炉の中の灰に撒きます。ほんの少し景色を変えるためです。

さて、今日のお菓子ですが鶴屋吉信製で、この季節の花を映しています。

5月のお菓子

いつも思うのですが日本の和菓子の世界は奥が深いです。

季節感を大事にしながら一つ一つ味と風味がが違っていて、選ぶ楽しみも大きな喜びです。

私は今回はてっせんを選びました。こなしの皮の中には粒あんが入っていました。





*CommentList

藤の花を見に浜松へ

浜松にリゾートホテルの会員権を持っている友人が急に空きが出てしまったので泊りがけで藤の花を見にいかないかと誘ってくれました。
久々の旅行、新幹線で見る富士山とワクワクです。

ゆっくり出かけてその日は浜名湖フラワーパークへ直進。
浜松駅から約1時間のバスの旅です。
旅の思い出

横着して一つの写真にまとめてしまいました。
上から時計回りに富士山(新幹線の車窓からの眺め)・白藤・ホテルの朝食・浜松名物のウナギ丼です。

この日はゴビ砂漠からの黄砂が関東地方を襲い、富士山もややかすんでいました。

浜松市内も降っていたようでタクシーのボンネットが白くなっていました。

浜名湖フラワーパークの藤は丁度見ごろで、白藤や普通の藤色といずれも清楚な姿を見せてくれました。
藤はとても良い香りがするので、その香りを聞きつつ、周りの森で鳴いている鶯の声も聴こえるという贅沢な散歩です。
フラワーパークの花

フラワーパークはとても手入れが行き届いていて、この日もあちこちで作業をする人が見られました。ボランティア活動として働く人が多いそうです。
バラも見ごろでたくさんの花を見ることができましたが、この頃の私は割と地味な「ナニワイバラ」とか「モッコウバラ」が好きになっているので、写真はほとんど撮っていません。

ゆっくりと花を楽しんだ後は浜名湖レークサイドリゾート別館「キアラ」で一泊。
静かでゆったりとした素敵なホテルでした。

翌日は浜松まで戻り楽器博物館にでも行こうかと思ったのですが、その前においしい鰻を食べさせたいからそこを予約してから行こうということになり、結局鰻の圧力と昼ビールがきいて面倒になりそのまま午後早い新幹線に乗って帰ってきてしまいました。

花と鰻だけのために出かけた豪勢な旅の記録です。



 
*CommentList

うらく会4月

 ああ、今年も誕生日というのがやってきました。

もう、誰も思い出してくれなくていいと思っているのに、うっかりFacebookの誕生日の欄を消し忘れていて、Facebookからとても凝った動画がプレゼントされそれを見た方、またメールでお知らせがあった方からお祝いの言葉をいただきました。

おりしもその当日は今参加しているデイジー図書の教科書編集チームの一員のYさんがサプライズプレゼントでかわいいケーキを用意してくださいました。
何のかんの行っても気づかいをしてくれる方がいるというのはうれしいものです。

IMG_0963.jpg

     (ちなみに「ピメント」というのはいちえ会での私のハンドルネームです。)

いちごがとてもおいしい素敵なケーキでした。Yさん、ありがとうございます。



誕生月には胃カメラと目の検査を受けることに自分で決めています。

目はこれからですが、胃カメラは先日済ませて異常なしでした。

さて本文のうらく会です。

今月は炉の最後の月です。
来月から10月までは風炉の季節です。

床に飾る花も椿が主の炉の季節、もうないかと思って屋上に上がってみたら結構、朴半や紺侘助などが咲いていました。
これも先残りの白山吹とともに朴半をいけてみました。

お菓子はメンバーのの方が十条の「草月」の「黒松」を買ってきてくださいました。
このお菓子は皮に黒糖は入っていて、ふっくらと美味しいどら焼きです。

お点前は先月の復習ということで「仙遊」という花月をしました。

今日もきちんと着物を着てきた方がお二人、素敵な帯を撮らせてもらいました。
うらく会4月

左サイドMenu

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ピメント

Author:ピメント
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード